白い歯に人気のセラミック治療(ジルコニアセラミック、ハイブリッドセラミック)をご提案!各種保険治療対応| 03-3777-1182.ブラン品川大井町歯科

Top>ハイブリットセラミック

ハイブリットセラミック

ハイブリットセラミック

セラミック用語辞典(TOP)に戻る

ハイブリットセラミックとは・・・

ハイブリットセラミック
ハイブリットセラミック(フレームなし)

セラミックにレジン(プラスチック)が混合された新素材で、補強材の表面に張り付けて光のエネルギーによって固めて作ります。
ハイブリットセラミックは、セラミックと比較すると長い目でみて多少の変色はありますが、プラスチックが混ざっているためしなりがでるので、硬い物を噛んだりする奥歯などに適しています。

  • セラミックスより粘りがあるため壊れづらく、レジンより耐久性がある白い詰め物です。
  • 仕上がりはセラミックとほとんど変りませんがセラミックと比べると透明感が少なく自然な色合いは劣ります。
  • 硬度は自然歯に近いため対合歯に優しいですが、長期でやや摩耗することがあります。
  • 長期で若干の変色がみられます。
  • メタル使用とノンメタルと選べ、臼歯単冠にも対応できます。

 現在、臨床応用可能なハイブリッドセラミクには「 アートグラス 」「タルギス/ベクトリス」「 エステニア 」「ベルグラス」「 ハーキュライト」「 グラディア」「 シンフォニー」「 スカルプチャー/ファイバーコア システム」などがあげられます。メーカーによる違いで極端に使い分けはなく、毎年新製品がでるのでここではこれ以上の追跡はいたしません。


ハイブリットセラミックとセラミックの違い

 両方とも色調は白い天然の歯の自然な色ですが、長期的な色の変化はセラミックは全くおきないのに対し、ハイブリットセラミックはやや変色してまいります。硬さはハイブリットセラミックの方がセラミックと比較すると柔らかいため、歯に優しいといえます。ですから、審美性が要求される前歯はセラミックにて修復することをおすすめしております。逆に、しっかり噛む奥歯にはハイブリットセラミックが向いている言えます。費用的はセラミックより、ハイブリットセラミックの方が安いのが一般です。

セラミック用語辞典(TOP)に戻る

Top>ハイブリットセラミック

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional