現在 人閲覧中

記事一覧

スポンサード リンク

質問:歯科金属アレルギーは何ですか?

ファイル 161-1.jpgファイル 161-3.jpgファイル 161-4.jpgファイル 161-5.jpg

回答
金属アレルギーとは汗などで溶け出た金属イオンが体内に入り込むとそれに対する抗体が体の中にできる、いわゆる「抗原抗体反応」が起こることから始まります。その後、再びその金属イオンが体内に入ってきた時には体がそれを敵とみなし、拒絶反応を起こしていろいろな症状を引き起こすということです。その症状や程度、原因となる金属の種類は人により異なります。

  
ご存知のように歯科では、歯の詰め物や被せもの、入れ歯(義歯)、ブリッジなどに、いろいろな金属(金、白金、パラジウム、ニッケル、コバルト、銅、亜鉛、水銀など)を使用しています。
かつて虫歯治療の詰め物などに一般的に使われてきた「アマルガム」という材料は、金属アレルギーを引き起こしやすいだけでなく、成分の約50%が水銀という物質です。
また、ひと昔前は、金や白金はイオン化傾向が低く溶け出ることがないため、アレルギーの原因にはならない安全な金属と信じられていました。しかし、金や白金にも実は金属特性を良くするために少量 の亜鉛や銅が加えられていたり、さらに最近のデータでは、金や白金そのものもアレルギーの原因となりうることが分かっています。
歯の修復で使用する金属は、唾液などに溶けだし体内に入るため、アレルギーの影響は、直接金属が触れるお口の中だけにとどまらず、全身に現れます。
症状はさまざまですが、最も多いのは、手や足の表面が赤くなりカユミとともにタダれや水泡ができてそこから白い膿が出たりするものです。足の場合は水虫に似ているため、金属アレルギーと気付かずにいることも多いでしょう。その他、頭痛など様々な症状を引き起こすことがあります。また、長年にわたってその人にとって身体に影響がなかった金属でも、ある日を境に突然アレルギー症状を起こすこともありますので、疑わしい症状が出たならばすぐに皮膚科に相談してください。
歯科と皮膚科との連携で、パッチテストによりアレルギーの原因となっている金属を特定し、できるだけ早くそれらを除去することが大切です。アレルギーの原因となるものを除去したあとは、他のアレルギーの無いもので治療をし治さなくてはなりませんが、金属でないセラミック等は保険が適用されないため、全てを治すと高額となってしまうことがありますので、よくご相談ください。

タグ:質問と回答(審美編) 質問と回答(虫歯編)

  • アイコン

スポンサード リンク




★★★★★★人気「医療」関連書籍のご紹介★★★★★★★
インプラントの本
歯並びの本
矯正歯科の本
美容歯科の本
メタボリック
更年期
腰痛
頭痛
若返り
糖尿病
高血圧
形成外科
脳神経外科
難病
審美歯科の本
かみあわせの本
名医の本
いい歯医者の本
髪の悩み
肩こり
ダイエット
コラーゲン
病院
アレルギー
心療内科
内科

医者
歯周病の本
虫歯の本
ホワイトニングの本
入れ歯の本
皮膚科
眼科

サプリメント
漢方薬
偏頭痛
エステ
ダイエット
産婦人科
生活習慣病