現在 人閲覧中

記事一覧

スポンサード リンク

質問:神経を治療したのに、痛いのはどうして?また噛むと痛いのはどうして?

ファイル 117-1.jpg

回答
歯は顎骨の中に埋まっている歯根があり、1本の歯に対して歯根は1~4本あります。その歯根の中心にはそれぞれ神経の通る穴(根管)があり、そこに神経が通っています。その大きさや太さは歯根により様々で、神経の走行も異なります。
神経の治療は、最初に麻酔をして、根管に通る大きな神経を取り除き、根管に神経除去するための薬を入れて蓋をします。この薬が徐々に浸透して神経が取り除かれていきますが、麻酔が切れた後、神経が落ち着くまで痛みが治まらないことがあります。この薬を何回か交換して、歯根の先端までの神経や細かい神経を取り除いていきますが、薬の効き具合は歯根によって異なり、細くて細かい神経や長い神経は、薬が効くまでに期間(治療回数)がかかることがあります。
また、炎症が起きている歯は、治療をすることによる刺激で、痛みが強く出たり治療期間が長くかかることがあります。さらに、神経が完全に処置されていない状態で刺激を与えると、炎症を起こし、痛みがでたり、経過が悪くなることがあるので、治療中の歯はできるだけ安静にしてください。

タグ:質問と回答(審美編) 質問と回答(虫歯編)

  • アイコン

スポンサード リンク




★★★★★★人気「医療」関連書籍のご紹介★★★★★★★
インプラントの本
歯並びの本
矯正歯科の本
美容歯科の本
メタボリック
更年期
腰痛
頭痛
若返り
糖尿病
高血圧
形成外科
脳神経外科
難病
審美歯科の本
かみあわせの本
名医の本
いい歯医者の本
髪の悩み
肩こり
ダイエット
コラーゲン
病院
アレルギー
心療内科
内科

医者
歯周病の本
虫歯の本
ホワイトニングの本
入れ歯の本
皮膚科
眼科

サプリメント
漢方薬
偏頭痛
エステ
ダイエット
産婦人科
生活習慣病